2015年06月23日

祝!!32連射!!

*加工は自己責任で行って下さい!!

先日ついにMGCイングラムM11オープンデトネーターで、
32連射することが出来ましたので、調整内容を公開します。




って、前座になりますが、私が初めてM11を入手したのは、
1998年か、1999年のブラックホールで本体+マガジン2本+サプレッサー+オープンカート20発位のセットで、
9000円くらいだったかな、でした。

で、当時実際に撃ってみると、5mmキャップ火薬が飛び出してきたり、
カートが本体とボルトに挟まったりして、20発も連射出来なかった記憶があります。

んで、今回ようやく加工しまくっても問題無い?気にならない?のが手に入ったので、やってみました。


その1 エキストラクター

エキストラクターが本体内側と若干干渉しているので、ヤスリで接触している部分を削り落とす。


加工前



加工後


ついでにカートとの関係はどうかな??

ちゃんとつかんでいるようなので、OKですね!



その2 エジェクター
撃つ毎にカートリッジにスタンプじゃないけど、そんな感じの丸印がついてしまうので、凸を削り、平面にする。

凹の数で撃った回数がわかる!



加工前



加工後

*実際には若干のRを付けました。


その3 マガジンリップ
マガジンからカートが出てくる時、マガジン内部に当たっているようなので、微力だが斜めのフィーディングランプをヤスリで付ける。

加工前



加工後

ビミョーすぎ!

その4 ボルト
フルオートなので、ボルトは高速で往復動作となります。
少しでも、カート排出時間を稼ぐため、最後退位置で出現するボルトの壁??を削除します。
今回はコレを一番やりたかった!!

加工前




加工後




その5 カートリッジ
カートは5mmキャップ火薬とインナーを水溶性接着剤で固定してしまおうと思ったが、
7mmキャップ火薬仕様に変更しようとオリジナル品に追加工しました。

左:MGC未加工  右:追加工品

インナーはCP、タニコバプラカートのが使えるようにしました。

ちなみに本体デトネータは無加工ですので、5mm、7mmどちらでも撃つことが出来ます。


加工作業はココまで。


次は確認作業。
マガジンに火薬を入れていないカートを32発装填。

手動で装填/排莢を繰り返し、
・異常な引っかかりは無いか?
・エキストラクターが確実にカートを押さえている(噛み合っている)かを確認する。

問題あれば、再度調整、シリコンスプレー吹きなどを実施。

問題なければ、カートに火薬を装填!


で、ココが重要で、


「カートリッジ内部に綿棒で、グリスを薄く塗布する。」

をします。



何でするのかって??

もし、しなかった場合でもある程度は撃てますが、途中から火薬カスがカートとデトネータの間に挟まり動かなくなってしまいます。

カートとデトネータの隙間はあって無いようなもので、ガソリンエンジンと同様に何かで潤滑&清掃をしなくてはなりません。

で、シリコンスプレーでもいいのですが、流れにくいグリスを使用しました。


そのカートをマガジンに詰めれば、準備完了!!

撃つと、ダダダダ・・ではなく、

バーーーーーーーーーーーッ!!!ってなると思います。





毎度のことですが、発火動画はありません。

あしからず(*- -)(*_ _)ペコリ





同じカテゴリー(MGC)の記事画像
MULE製 M31カート
MGC NM組立キット
MGC M639? モデルガン
マガジンフロア
MGC M16A1 修理完了!
MGC コルトローマン4インチ モデルガン
同じカテゴリー(MGC)の記事
 MULE製 M31カート (2017-08-07 00:03)
 MGC NM組立キット (2017-07-10 00:03)
 MGC M639? モデルガン (2017-03-06 00:03)
 マガジンフロア (2017-01-23 00:03)
 MGC M16A1 修理完了! (2016-01-03 22:30)
 MGC コルトローマン4インチ モデルガン (2015-10-12 18:18)

Posted by 吠えるモデルガン  at 21:59 │Comments(0)MGC

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。